帰化の要件について

帰化とは

外国人が日本国籍を取得することを帰化といいます。それでは、どのような要件が整えば帰化ができるのでしょうか?



法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない。

(国籍法第5条第1項柱書)

 と規定されています。

 「帰化を許可することができない」となっていますので、国籍法第5条第1項に定められている要件は「最低条件」であって、これらが満たされていても帰化が許可されない場合もあるということがこの規定から分かります。

居住要件(日本に長く住んでいること)

引き続き5年以上日本に住所を有すること

国籍法第5条第1項第1号

まず、5年以上日本に住んでいることが要件となります。

「引き続き5年」の意味

 しかも「引き続き」なので途中で日本を出てしまうのまた0から数えなおしになります。数週間海外旅行に出る程度でしたら問題ありません。

 どのくらいの期間日本を離れると数えなおしになるのか気になるところですが、おおよそ3か月と言われています。里帰り出産で帰国したためにこの要件を満たすことができなくなるなどのケースがあります。

「住所を有する」の意味

 また、「住所」とは生活の本拠をいいます。したがって、日本にどのような在留資格で日本に滞在しているのかも重要になります。

 例えば「留学」は母国を離れて日本で勉強しているだけで、勉強が終わったら母国に帰ることが想定されています。したがって、5年間留学したら帰化の居住要件が整うのかというとそうではありません。2年間留学してそのまま就職し3年が経過した場合は「日本に5年以上住んでいた」と評価されるようです。

能力要件(大人になっていること)

二十歳以上で本国法によって行為能力を有すること

国籍法第5条第1項第2号

 「行為能力がある」とは、単独で法律行為ができることをいいます。

 帰化は国籍の選択という重大な事柄です。したがって、そのような重大な決定を下すだけの能力があるということが要件のひとつになっているのです。

 「子供で帰化した人もいるのでは?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。後でご説明しますが、一定の要件を満たしていれば能力要件は問われません。子供でも帰化できる場合があるのはこのためです。

素行要件(まじめに生活していること)

素行が善良であること

国籍法第5条第1項第3号

 「素行」とは普段の行動のことです。

 犯罪歴があると帰化は厳しくなります。交通違反も問題となります。もっとも、一度でも犯罪を犯してしまうと絶対に帰化できないのかというとそうでもありません。もちろん犯罪や違反の内容によりますが、5年くらい経過していると帰化が許可される場合があります。帰化許可申請中に事故を起こさないように車の運転を控える方もいらっしゃいます。

 また、税金もきちんと納めていなければなりません。特に問題になりやすいのが住民税です。自分で市役所に支払いに行かなければならないのをご存じなかったり、忘れていたりすることがしばしばあるからです。

 最近では、国民年金や国民健康の保険料も厳しくチェックされるようになりました。こちらも納め忘れがあってはいけませんし、期日通りに納めていることも重要です。そこで、おすすめは銀行の口座振替にしておくことです。これなら納め忘れはありませんし、納めたことの証拠が通帳に残るからです。

生計要件(生活に必要なお金があるか)

自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること

国籍法第5条第1項第4項

 帰化した後生活保護の対象になってしまうようでは困るのでこの要件が審査されます。

 お金持ちである必要はありませんし、本人に十分な収入がなくてもいっしょに暮している家族の収入で生活できていれば問題ありません。

 また、借金があることを気にされる方がいらっしゃいますが、これも計画通り返済が進んでいれば大丈夫です。

重国籍防止要件(二重国籍にならないか)

国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと

国籍法第5条第1項第5号

 日本は二重国籍を認めない立場をとっています。そこで、日本国籍を取得したあと二重国籍とならないかが審査されます。

 韓国の法律では日本国籍を取得すると同時に韓国籍はなくなってしまうと規定されているので韓国籍の方はこの要件については問題ありません。

 そうではない国の方は国籍離脱の手続をとる必要があります。この国籍離脱の手続に1年以上かかってしまう例もあります。

アルゼンチン人は日本に帰化できない?

 アルゼンチンの法律に国籍離脱の規定はありません。在日本アルゼンチン大使館のホームページにも「 アルゼンチン国で生まれた者は、憲法の規定により生涯アルゼンチン国籍者であり、同国籍を離脱することは認められていません。」とはっきり書かれています。

 それでは、アルゼンチン人は日本に帰化できないのかというとそうではありません。

  法務大臣は、外国人がその意思にかかわらずその国籍を失うことができない場合において、日本国民との親族関係又は境遇につき特別の事情があると認めるときは、その者が前項第五号に掲げる条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。

国籍法第5条第2項

 母国の法律に国籍離脱条項がないことは本人にはどうすることもできません。本人にどうすることもできないことで帰化の可能性が全くなくなってしまうのは酷なのでこのような規定が用意されているわけです。

 実務としては「今後法律が改正されて母国の国籍を離脱できるようになったら二重国籍を離脱する手続をとります」という誓約書を書いていただくという取扱になっています。

憲法遵守要件(日本国憲法を尊重してもらえるか)

日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。

国籍法第5条第1項第6号

 政府の転覆を計画したり、政府の転覆を計画する政党に所属したりすると帰化は許可されません。

地縁・血縁を理由とする特例

次の各号の一に該当する外国人で現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その者が前条第1項第1号に掲げる条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。
一 日本国民であった者の子(養子を除く。)で引き続き3年以上
  日本に住所又は居所を有するもの
二 日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所若しくは居所
  を有し、又はその父若しくは母(養父母を除く。)が日本で生
  まれたもの
三 引き続き10年以上日本に居所を有する者

国籍法第6条

 外国籍ではあるけれども日本にご縁が深い方については居住要件が緩和されます。つまり引き続き5年間日本に住所がなくても帰化が許可される可能性があります。

 一般的にはこれを「簡易帰化」と呼びます。しかし、実際の手続の負担は通常の帰化とあまり変わりませんので、当事務所では「簡易帰化」とは呼ばず「特例」と呼んでいます。

日本人の配偶者の特例

日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その者が第5条第1項第1号及び第2号の条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するものについても、同様とする。

国籍法第7条

日本人の配偶者については居住要件と能力要件が不要となります。

対象となるのは、現在まで3年以上日本に住んでいる方と、結婚してから3年以上経過していて日本に1年以上住んでいる方です。

日本社会との密接性による特例

次の各号の一に該当する外国人については、法務大臣は、その者が第5条第1項第1号、第2号、及び第4号の条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。
一 日本国民の子(養子を除く。)で日本に住所を有するもの
二 日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、
  縁組の時本国法により未成年であったもの
三 日本の国籍を失った者で日本に住所を有するもの
四 日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその
  時から引き続き3年以上日本に住所を有するもの

国籍法第8条

 日本人の子供であるなどの特別の事情がある場合は居住要件、能力要件、生計要件が不要となります。

 「日本人の子」には帰化した外国人も含まれます。20歳に達していない子供でも帰化できるのはこのためです。実務としては、わざわざ親の帰化が許可されるのを待ってから子供の帰化許可申請をさせるということはしていません。子供については素行要件以外が問題となることは実際問題としてありませんので、提出する書類もだいぶ少なくなります。

「第7の要件」(日本語の読み書きができること)

 国籍法に規定されている帰化の要件は以上の通りです。

 しかし、「第7の要件」として小学校3年生の日本人と同程度の日本語の読み書きができることも要求されるといわれています。帰化の面接の場で日本語のテストが実施されることもあるようです。

 帰化許可申請には、なぜ日本国籍を取得したいのかを説明する「動機書」の提出が必要で、この「動機書」は申請者本人が日本語で手書きしますので、小学校3年生程度の読み書きができないと書類をそろえることが難しくなるのも事実です。帰化を検討されている方は、ある程度の日本語の読み書きができるよう勉強をしていただく必要があります。

 以上が帰化の要件になります。帰化が許可される可能性があるか簡易診断をご用意しました。ご興味のある方は下のフォームにご記入ください。メールで結果をお送りいたします。もちろん無料ですからお気軽にどうぞ。

ニックネーム (必須)


メールアドレス (必須)

「なぜ日本国籍を取得したいのか」というテーマで3分間日本語でスピーチができますか?

「なぜ日本国籍を取得したいのか」というテーマで日本語で作文ができますか?

日本生まれですか?

現在何歳ですか?

お父さんまたはお母さんは日本人ですか?

日本に住み続けて何年になりますか?

ここ10年間で何回外国へ行きましたか?

現在の国籍はどちらの国ですか?

過去に警察につかまったことはありますか?

最近5年間で交通違反をしていますか?

税金はきちんと納めていますか?

国民年金の保険料はきちんと払っていますか?

ご職業はなんですか?

失礼ですが、昨年の収入はいくらくらいですか?


自由記述欄

 

更新日:

Copyright© 帰化許可申請 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.